食中毒 対処方法の一つに食洗機の活用のススメ

こんにちは、福島です。

突然食中毒の話題ですみません。

最近亡くなる方も出てきた食中毒。

ブログのタイトルが
「40代兼業主婦が毎日あれこれ考える」なのですが

確かに毎日いろんなことを考えているなと思ったんです。

そこで働くあなたと何かシェアできるといいなと思い
書いていきます。

 

スポンサーリンク


食洗機使っていますか?1日何回使いますか?

以前は食洗機を使わないで
全ての食器、箸やカトラリー、コップ
お鍋、包丁、まな板など
全てを手洗いにしていました。

食洗機を使用すると
電気とガス給湯42度(我が家の場合)のお湯で洗い上げるので
光熱費がもったいない!
と思っていたからなんです。

でも、ある日ふと

仕事から疲れて帰ってきて
夕食を作り、食べ終わったら食器を洗う。

取り込んだ洗濯物をたたみ所定の位置にしまう。

他にも家事はいろいろありますよね。
お風呂の掃除と準備
トイレの掃除
学校や自治会の書類の処理
翌日の弁当の準備など

その合間に家族と話をしたいし
テレビも見たい。

このどこかをアウトソーシングしたら
少しは負担が減るかもなって。

少し古いデーターですが
「全国の食洗機の普及率」
意外に東京は少ないんですね。
日本列島の真ん中辺りが普及率が高いように感じます。

我が家にも元々新しいビルトインの食洗機はあったんです。
しかし我が家の食器は普通の家庭で使うものより
非常に大きいみたいで
標準サイズの食洗機に上手く入らないのです。

それでずっと手洗いしていたという理由もあります。

でもやっぱりアウトソーシングするなら
まずは食洗機からだなと思いました。

そのうち

「1回では使った食器が全部洗い終わらない。
では2回・3回使ったらどうか?」

という発想になって

使った食器をすべて洗い終わるまで
数回食洗機を使用するようになりました。

何故食洗器を1回しか使ってはいけないと思ったんだろう?
とまで思うようになりました。

今ではもう手放せません。

 

スポンサーリンク


 

食洗機は食中毒予防にもいいかも!

繊細な和食器などは
絶対に手洗いにしています。
取説にもそう書かれていると思います。

塗りのお椀などは手洗い必須ですね。

ただ、テレビの食器洗い用洗剤のCMでも見かけますが
スポンジって案外汚いかもなって思ったんです。

いくら水をしっかり切って乾かしても
ジメジメしているイメージじゃないですか。

その点食洗機は
専用の洗剤と高温の湯で
食器を洗いあげますので
滅菌処理には威力を発揮すると思います。

それと、洗い上りが本当に美しい!

コップは曇りひとつないですし
お皿にもくすみが全くない!

確かに一時期手洗いで洗ったお皿は
だんだんくすんできていました。

毎日子供に弁当を持たせていますが
弁当箱の洗いあがりが
すっきりさっぱりしています。
器からは食中毒は出ないだろうと思います。

まな板と包丁も同様に食洗機で洗っています。

コツが要りますが
ハンバーグの種をこねた
肉と油でベタベタになったボールも
ピッカピカです!

肝心の電気・ガス・水道代ですが
それほどかかっていません。

毎日使って気にならない金額ですから
(手洗い時代と変わらない)
使わない手はないなと思いました。

毎日使っていてもたまに失敗して
もう一度洗い直し!ということがあります。

そんな失敗を繰り返して
食洗機の達人になっていくのです。

使ってない食洗機があったら是非活用しましょう!

 

スポンサーリンク


【福島の学び】一緒に成長していこう!

こんにちは、福島です。

今日は1日PCとにらめっこしておりました。

息子が4月から一人暮らしをする事が決まり
仕送りのために
ガッツリやらなければならない状態になりました。

もう逃げられません。

 

スポンサーリンク


凹んで帰ってきました

息子は今、自転車屋さんで販売のバイトをしています。

彼は給料をもらうと欲しかったものを買ったり
友達と外食して来たりで
すぐに使ってしまうタイプなのですが
少しでも貯金しておかないと
4月からマズいということに気がついたらしく
イヤイヤ行っていたバイトも
気合いが入ってきました。

が、帰宅が遅いな~と思っていたら
どうもヘマをしてしまったらしく
凹んで帰宅しました。

一人にしてくれと言われたけど
茶碗が片付かないからご飯食べてくれ!(母のエゴ)

ご飯を部屋に持って行き
後は放っておきました。

落ち着いてから話を聞いてみると
ヘマしたけど店長がフォローしてくれて
事なきをえたけれど
帰り際の店長の一言で傷ついたんですと。

店長的には大した意図はないでしょうが
高校生の息子には引っ掛かったんでしょうね。

詳しく話ができていないので
本当のところは良くわからないけれど
良い経験ができてよかったねと言って
部屋を出てきました。

 

スポンサーリンク


若い考えに触れる機会

毎日いろんなことが起こるので
逃げ出したい事は山ほどありますが
結局落ち着いて
ひとつづつクリアしていかなきゃいけないんです。

その場は逃げたとしても
余計問題が大きくなってしまいますからね。

息子の悩みを聞いていると
本当に些細なことで悩んでいることが多いです。

それだけ私も経験してきたから
些細だと思えるけれど

話を聞いて客観的に考えることで
私もとても勉強になったり気づくことが多いです。

4月からは離れてしまうので
若い考えに触れることが
できなくなってしまうのがとても残念ですが
喜ばしい事だと思って遠くから応援したいと思います。

大人になると
自分で選ばない限り成長する場が少なくなってきています。

今日も1日PCにかじりついた割には
自分が思うほど進んだ感覚はありませんが
続けるしかしょうがない。

成長していきましょう!

 

スポンサーリンク


【福島の学び】伊達公子と小池百合子から学ぶ

こんにちは、福島です。

朝、出勤前に朝の情報番組を見ていましたら
引退後初めて地上波で伊達公子さんが
出演されていました。

 

スポンサーリンク


伊達公子さんの姿勢から学ぶこと

伊達さんが世界ランク一桁にいた絶頂期
25歳で最初の引退をする少し前まで
私はテニスコートで受付のバイトをしていたので
クラブハウスに設置されていたテレビで
国内外のテニスの試合を見たり
テニスの雑誌を読む機会がありました。

今はFacebookで伊達さんのトレーニングや
転戦中の出来事などを垣間見ることができて
もっと身近に感じることができますが
20代のときと40代の今では
明らかに今の方がカッコいいことに目が行きます。

20代の時はマスコミが大嫌いで
インタビューなども対応がぶっきらぼうでしたし
外国が好きではなくて
転戦中は炊飯器持参で
おにぎりをいつも食べていたと言っていたと思います。

しかし、国際結婚をされてから
英語が堪能になりモナコにも自宅があったり
解説の仕事で海外にしょっちゅう行っていたり
トレーニング法が格段に飛躍していたりして

Facebookでみる伊達さんは
心からテニスを楽しんでいるようでした。

体つきも20代とは全然違ってカッコいい!

 

スポンサーリンク


小池百合子さんの姿勢から学ぶこと

今朝は「希望の党」の党首として
記者会見を行っていましたね。
仕事の合間に細切れでチェックしておりました。

衆議院解散を狙っての新党立ち上げですが
Xデーのために念入りに水面下で
動いていたといわれています。

だとしたら、小池さんの中では
明確なシナリオに沿って毎日を生き抜いている。

ん?これどこかで聞いたぞ。

うわっ出所を忘れてしまった!!!

とにかく「こうありたい」と思う姿になるには
明確なシナリオを描ける必要があるし
実行力を持っていなくてはいけないですね。

伊達公子さんにしても小池百合子さんにしても
潔く生きるためにはということを
目の前で見せてくださっている
と気がつきました。

ちゃんと目的地を見ているつもりだったけれど
お二人のような明確なものはなかったのかも。

毎日行き当たりばったりだから
フラフラしているんですね。

伊達公子さんの過去から現在の映像と

小池百合子さんの
冒頭スピーチを聞いていて
そんなことを思いました。

 

スポンサーリンク


【福島の学び】選択肢を増やすということ

こんにちは、福島です。

トレンドブログを始めてから
様々なジャンルのニュースを見回るようになって
あれこれ考えさせられる場面も多くなっています。

 

スポンサーリンク


安全安心はお金で買おう

物販のスタッフさんから連絡があり
例のO157に息子さんもかかってしまって
しばらく入院するから仕事をセーブして欲しい
とのことでした。

私もお惣菜は買っているので
他人事ではない事件だと状況を見守っていましたが
その後女の子が亡くなる
悲しい事件に発展してしまいました。

お金の使い方

その使い方は人によって様々です。

欲しいと思ったらすぐに買う人
欲しい欲しいと思いながらずーっと買わない人
欲しいものではなくて必要なものしか買わない人

他にも私の視点では
わからないお金の使い方があるかもしれませんね。

時間をお金で買う感覚が
やっとわかるようになった気がしていましたが

だからこそ品質を考えたい。

フツ―に考えて
その品質と価格は相応か?

と考えると
おのずと選択肢が見えてきます。

 

スポンサーリンク


選択肢を増やすにはどうするか

正札であってもセールであっても
高額であっても少額であっても
買おうとしているものと現在つけられている価格は
相応なのか?どうなのか?
を考えて購入するようにしています。

とすると
それなりの収入は確保していたい。

収入が増えると
選択肢がおのずと増えてきます。

私が思うレベルに達すると
私はどんなことを感じるのだろう。

早くその段階に行って
自分の感じる気持ちが知りたいです。

先日、おなかペッコペコで食べた
小さなパン屋のクリームサーモンマフィン

注文を受けてから作ってくれるので
マフィンがふわっふわで
肉厚のいいサーモンを使っているみたいで
本当に美味しかった~

その日眠りにつくまで幸せな気分でした。

常に幸せを感じていたい!
その選択肢がチョイスできる女になります!

 

スポンサーリンク


「毒にも薬にもならない」何というキツーいお言葉。

こんにちは、福島です。

週末は東京で
コピーライティングの海保先生の勉強会と
野崎師匠トレンドブログ勉強会を受けてきました。

スポンサーリンク


毒にも薬にもならない文章

ずーっと上手な文章を書けるようになりたいと思っています。

「知らないことは書けない」

だからインプットするしか方法はない!ということでした。
(内容めちゃくちゃ端折りすぎてますが)

海保先生の書籍も拝読しました。

その中に
「毒にも薬にもならないような、空気のような当たり前の存在」
という一節があって
意味を改めて調べてみました。

毒にも薬にもならないとは、

害にならない代わりに、役にも立つこともない、

あってもなくてもどうでもいいもの、

居ても居なくても何の影響もない人のたとえ。

引用:http://kotowaza-allguide.com/

 

うへー、痛いっす海保せんせー。

だから私のブログにはアクセスが集まらないんですね!

違う表現で野崎師匠も教えて下さっているけど
同じことを言うのに
いろんな角度がある事も同時に学べました。

表現力をつけるということは
そういう事なのですね。

 

スポンサーリンク


リアルで会うことの重要さを再確認

東京の翌日
とある競技の
リオオリンピックの帯同コーチに会うチャンス到来。
しかし前日寝るのが遅かったので正直かったるい・・・

直前まで行くか行かないか迷ったけれど
リアルで会う事の重要性は前日の
海保先生、野崎師匠の勉強会で実証済みなので
行ってみることにしました。

先日のボクシングのセコンドの人と同じく
途中からどんどん質問攻めにしてしまう・・・
私の悪いクセですが
どんどん質問が湧いてくるんだもの~
止められないw

チームスタッフとしてのオリンピックの裏側は
表舞台とは一味違います。
彼も嫌いじゃない~~ので(ミーハーなのね)
スマホで撮ってきた写真も見せてくれながら
いろいろな話をしてくれました。

そこでインターネットビジネスのヒントももらい
なんだかワクワクしています。
早いうちに形にしないと。
早速取り掛かります。

迷ったら面倒だと思う方に行った方が正解ですね。

 

スポンサーリンク


【福島の学び】伝統的なスタイルを崩して新たな伝統が始まる

こんにちは、福島です。

昨日、某有名ボクサーのセコンドをやっていたという人から
ボクシングの裏話をいろいろお聞きしました。

ボクシングに特に興味はないのですが
数少ないボクシングの知識を相手にぶつけたら
たまたま相手のツボにヒットしちゃったという・・・

 

スポンサーリンク


伝統のスタイルはいつか破られる

本当は具体的な選手名を上げられるとわかりやすいのですが
裏話だと言っていたのであえて伏せます。

ずいぶん昔に行われたボクシングタイトルマッチで
乗りにノっていた日本選手同志の戦いは
大方の予想がT選手優勢と言われていました。
しかし、ふたを開けてみると
T選手はあっけなく敗れてしまいました。

「自分が持っているスタイルを崩すことなく試合を進めたから」

が敗因だったと分析しているそうです。

ん?これどこかで聞いたことがあるぞ。

将棋の藤井聡太四段だ!

いえ、藤井聡太四段が伝統的スタイルを貫いているのではなく
将棋界の重鎮がそうらしいのです。

将棋にも疎く聞きかじりの情報ですので
間違っていたらすみません。

将棋には序盤は王将に守りを囲んでおいてから
攻め始めるのが伝統スタイルらしいのですが
AIを相手に対戦練習をしている若手棋士たちは
決まった型がないために
最初から攻めに入るので
重鎮たちはわからない動きととらえてしまうのか
太刀打ちできないようなんです。

伝統的な指し方は
将棋の美しいスタイルらしいです。

茶道・華道・柔道や剣道も型がありますね。

日本人は美しい所作、型にはめる文化です。

それがスポーツ界にも関係するとしたら?

そうか、日本柔道が一時期低迷していたのは
伝統スタイルで戦えなくなったからというのも
聞いたことがあります。

1本で勝ちたい
自分の得意技で勝ちたい

よく「美しい柔道」という言葉を聞きました。

しかし勝負の世界には美しく勝つとか
関係ありません。

もちろん人の道を外してはいけませんが。

例えば身の回りで言うと
どんなふうに仕事をするか。
今はたくさんの選択肢があります。

自分のこだわっていた常識をぶち壊して
新しいスタイルに進んでいく時かもしれません。

スポンサーリンク


【福島の学び】ぎっくり腰で学んだこと

こんにちは、福島です。

プレッシャーや疲れが溜まってくると
「ぎっくり腰」になるんですが
今回は完全に忘れたころにやってきました。

いつも髪をお願いしている
美容院の先生との共通の話題となっています。
(先生は冬も海に入る30代の筋金入りのサーファーなのにね)

 

スポンサーリンク


久しぶりに接骨院に行って思ったこと

気に入っていた接骨院が移転してしまい
新たな接骨院を探しているうちに
またぎっくり腰になってしまいました。

すぐに治してほしかったので
知らない接骨院は今回パスして
あんまり好きじゃないけど
以前行ったことがあるところに
行ってみました。

前に行ったときは閑古鳥が鳴いていたのに
今回は3回行ったうち
3回とも混雑していました。

認知されたのかな。

小学生の頃から
いろいろな接骨院に通っているので
私なりの好みがあります。

・すぐ予約が入ること。

・無駄話しないこと。

・質問に的確に答えてくれること。

・施術はグッとツボに入ること。

・終わった後、来てよかった~と満足すること。

・施術に値する費用であること。

結果からいうと
今回の満足度は40%でした。

 

スポンサーリンク


私に対しての鏡だとわかった

何故今回の接骨院は満足度が40%だったのか。

・すぐ予約が入ること。

これはすぐに入りました。

 

・無駄話しないこと。

施術中ずーっと話しかけてくるのは
やめて欲しいです。
どの筋肉にアプローチしてるかとか
施術中は痛みに向き合いたいのに
話しかけられると集中できないじゃんか!

 

・質問に的確に答えてくれること。

欲しい答えが返ってこなかった・・・

 

・施術はグッとツボに入ること。

これは技術の問題ですが
接骨院にとって一番の大事な部分ですね。

 

・終わった後、来てよかった~と満足すること。

これもとても大事な部分ですね。

 

・施術に値する費用であること。

今回はフツーでした。

 

これ、物販やトレンドブログと全く一緒だと思いました。
お客様が求めているものを
パッと漏れなくお客様が求めるスピードでお応えする。

お客様の満足度を上げるにはどうしたらよいか?

ぎっくり腰で
いろいろと教えてもらいました。

PCに向かっていると
同じ姿勢が何時間も続くので
1時間一度身体を動かしましょう!

 

 

スポンサーリンク


【福島の学び】相談する人で答えが変わる?

こんにちは、福島です。

24時間テレビのマラソンランナーの予想
あなたは当たりましたか?
私はね・・・当たりませんでした。

ブルゾンちえみさん
最近痩せてきれいになったな~
忙しいしノってるからかな~
って思っていたのですが
ってピンとこなきゃいけなかったな。

 

スポンサーリンク


息子の先輩たちから学ぶこと

今の子供たちはあたり前のようにSNSがあって
普段会わない人でも
近況が良くわかります。

5月には大学に入ったばかりの先輩が
大学を辞めたいと書き込みしていて
高校に相談に行って思いとどまったようなのですが

つい先日今度は別の先輩が
せっかく入った一流企業を退職したいと
これまたSNSに書き込みをしていたそうです。

これには高校の部活の先生が
相談に乗るから高校へおいでと返答されたそうです。

高校の先生になって3年目の若い先生なので
どうアドバイスするのか?
そして先輩たちがどのような選択をするのか。
とても興味があります。

私も仕事の時間をやりくりして
三者懇談に2回出向きましたが
今ひとつピンとくる回答が得られず。
(県外の学校を志望しているのも理由の一つです)

我が家は自力で情報収集しました。
某大学で入試担当をしている知人にもコンタクトを取って
今の大学入試の動向や相談に乗っていただき
1か月で志望校を決めました。

最近の入試は早い段階から動かないと
場合によっては受験しそびれます。

答えを導くのに
どのように情報収集をし
誰に相談をするのか。

その内容を元に
どう判断するのか。

多角的に判断できたと思います。
私自身もとても勉強になりました。

後は結果がどう出るかですねw

こればかりは私にはどうすることもできません。

 

スポンサーリンク


【福島の学び】必要なものだけを選ぶ

こんにちは、福島です。

トレンドブログの勉強会で東京へ行ってきました。
1か月に1度の東京。
先回日帰りにしたら学びのチャンスを逃し失敗したので
今回はホテルをとって1泊2日の万全の体制で臨みました。

 

スポンサーリンク


心配性で余計なものを買い込んで新幹線に乗っていました

新幹線が止まったりして大変だったというニュースを見てから
新幹線に乗るときは
必ず飲み物と食べ物を買って乗るようにしています。

これは中学の時の体験から来ているのですが
結局はお腹もすいていないのに
無理して食べちゃうという・・・悪循環

備えているので仕方ないんですけどね。

家の中の不用品を断捨離し始めてから
少し考えが変わってきました。

「今、必要なものだけを選ぶ」

先を読み過ぎて用意することは
決していけない事ではないですが
その時の自分の状況で必要なもの欲しいものをチョイスする。

という感じでしばらくやってみようと思いました。

だから行きの新幹線はお茶のペットボトルのみ

そしたら、隣りに座った人と
品川までずーっとおしゃべりしながら過ごせました。

たまたまだと思いますが
これも縁ですね。

隣の人と多少話したことはあっても
ずーっとというのは初めてでした。

 

スポンサーリンク


直感でお店を選ぶ

東京に到着後すぐにBUYMAの買い付けをして
勉強会の前にランチを食べようと思いましたが
地方から勉強会に行っている方は
どうやって腹ごしらえをしているのでしょうか。

ひとりなので
いつもならわかりやすい
チェーン展開しているカフェやお店に入りそうですが
通りを歩きながら
ひとつひとつお店の雰囲気をみながら判断していたら
結構歩いてしまっていて
何とか興味をそそるカフェに入ってみました。

FabCafe

3Dプリンターや
レーザーカッターがあったりして
クリエーターたちのカフェ?

とてもおもしろいコンセプトのお店でした。

翌日の朝は
結局いいお店が見つからず
食べずに有志の勉強会へ

メンバーが素敵な場所を抑えてくれたので
東京っぽい感じを味わうことができました。

お昼も食べずにそのまま続行

新幹線に乗る前に
この牛タン定食を食べました。

いつもならチョイスしないメニューだけど
これも直感。

空腹に沁み込み美味しかった。

やっぱりこれからは
欲しいもの必要なものだけを
取り入れたいなと思いました。

そのためにも行動する。

土曜のワークの答えです。

 

スポンサーリンク


【福島の学び】18年前より成長できているか?の答え合わせ

長かったお盆休みが終わりました。

この休みはテーマを持って動けたので
充実していました。
いつも休みは身体を休ませたいので
ダラけてしまうんですけどね。

でも、ある約束があったから
楽しみで動けたのかも。
2か月ぶりにBEC名古屋女子会が開催されました。

 

スポンサーリンク


 40代の主婦が目指すもの

毎月1度渋谷で会っていたのに
パタリと会う機会がなくなり
名古屋BEC女子会を
吉井さんがセッティングして下さいました。

吉井さんのブログ

奥村さんも登場

奥村さんのブログ

仕事をやりながら
主婦もこなすし子育てもやる

同じような悩みを抱えながら
少しづつ視点が違っていて
とても勉強になります。

みんな抱えている状況はいろいろあるけど
明るし、たくましい。

明るく生きるのも
暗く生きるのも
自分次第ですものね。

ちょうど私も自信を取り戻しつつあるところで
二人に会ったので
とても楽しい時間を過ごさせて頂きました。

自分に自信がない時にアグレッシブな人に会うと
精神的にメッタメッタに打ちのめされちゃうので
(自分自身の問題なので相手が悪いといっているわけじゃありません)
しばらくの間、立ち上がれなくなるのです。

私がずっと答えを出せないでいる5WHY
今も悩んでいることを話したら
二人がヒントを出してくれました。

うん、もう一度自分に向き合ってみます。

 

スポンサーリンク


年々、成長できているのか?

お盆休み中に
昔勤めていた会社の社長から
電話がかかってきました。

退職して18年
めちゃくちゃビックリしました。

円満退社だったので
お互いにその当時の感じで話をしていましたが
社長、私の細かいところまで
よく覚えていて下さっていました。

「で、今どうだ?」

「いろいろありましたけど、何とかやっています」

「また一緒に仕事をしよう!」

当時は雲の上の人だと思っていた人でしたが
私も18年の間にいろいろな経験をする事で
社長と対等に話せている自分に気がつき
少しうれしくなりました。

社長もそれに気がついてくださったのだと思います。

学ぶこと、挑戦することをやめてはいけない。
改めて思いました。

またいつもの日常が始まります。

新たな刺激を入れつつ
グッと基礎を固める地味な時間に挑戦していきます。

 

スポンサーリンク